『ウェイン・ショーターの部屋』(http://www.bekkoame.ne.jp/~echika/wayne/wsindex.html)の別館です。


by Fee-fi-fo-fum

Wayne Shorter "Cologne 2007"

Wayne Shorter "Cologne 2007"       (MEGAVISION)

01、Zero Gravity
02、She Moves Through the Fair
03、As Far as the Eye Can See
04、(Interview)
05、Over the Shadow Hill Way
06、Smilin' Through
07、Prometheus Unbound

   Wayne Shorter (ts.ss) Danilo Perez (p)
   John Patitucci (b) Brian Blade (ds)
       Live at Cologne, Germany   2007.4.30

 これはドイツでのライヴを収録したブートもののDVDRだが、映像・音質ともにオフィシャル並みの高クオリティー。モトは多分放送用の収録だろうが、カメラワークなどもきちんとしていて、暗いホールで演奏するカルテットの姿が美しい。収録時間は77分で、途中に4分ほどのインタビューが入るので演奏時間は正味73分ほど。インタビューはショーター以外の3人のメンバーへのものである。
 欠点をいえば演奏からインタビューに入るタイミングが唐突なことだ。これは一曲一曲がきれてる演奏ではなく、ずっとメドレーで演っているので、途中でインタビューを挟むのにはそうするしかなかったんだろう。欲をいえばインタビューなど挟まずに演奏を切れ目なく収録してほしかったところだが、まあそれは贅沢な要求かもしれない。これほどのオフィシャル同然の音質・画質でショーター・カルテットの演奏を73分間も聴けるというだけでも充分すぎるほど満足だ。
 さて、2007年のショーター・カルテットの演奏である。
 長年一緒に演奏してきたことによって、バンドの演奏の対話性はより緊密で自然なものになってきている。対話的に演奏しようと構えなくても、自然に演奏がそうなっているような感じに聴こえた。
 一言でいえば「幽玄」と表現したくなるような神秘的な色彩の濃い演奏だ。ショーターの吹く口笛に呼応するように闇のなかから音楽が風のように現れて、様々に変化しながら空中を浮游し、時には静寂に満ち、時には激しく躍動しては、やがて消えていく……というようなかんじ。カルテットもおそるべき境地に達したものだ。
[PR]
by Fee-fi-fo-fum | 2009-04-12 23:07 | Wayne Shorter