『ウェイン・ショーターの部屋』(http://www.bekkoame.ne.jp/~echika/wayne/wsindex.html)の別館です。


by Fee-fi-fo-fum

Weather Report "Austria 1971"


■Weather Report "Austria 1971"    (MEGADISC)

01、Firefish
02、Early Minor
03、Morning Lake
04、Waterfall
05、Umbrellas
06、(Improv.) 〜 Eurydice
07、Seventh Arrow
08、Orange Lady

     Wayne Shorter (ts,ss) Joe Zawinul (key)
     Miroslav Vitous (b) Alphonse Mouzon (ds)
     Dom Um Romao (per)        1971.7.27


 これはブートCDRで、音質はオフィシャルの『Live in Tokyo』と比べてしまえば落ちるものの、71年の発掘モノという点を考慮すればかなりの高音質というべき部類だ。収録時間は77分ほど。
 1st の録音の5ヶ月後、『Live in Tokyo』の約半年前のヨーロッパ・ツアーからのライヴで、ウェザーリポートの最初期のライヴとして興味深い音源だ。メンバーは Airto Moreiro は1st のスタジオ録音のみの参加なんで、パーカッションは Dom Um Romao が加入している。なお、このヨーロッパ・ツアーの後にドラムは Eric Gravatt に代わる。
 収録曲はよくわからないものがある。1曲めの "Firefish" というタイトルはウェザーリポートの他のアルバムには収録されていないのでわからないが、ジャケットに書いてあったタイトルをそのまま書いておく。このCDR、ジャケットに書かれた収録曲がわりと正しいものが多いので、そういうタイトルの曲なのかもしれない。ただし6曲めにジャケットには書いてない14分を超えるトラックが入っている。これはまずキーボードによる自由な即興演奏が数分続き、じょじょに他のメンバーも加わってきて、全員による演奏が高まってきたあたりで "Eurydice" へとメドレーしていく演奏。
 その他、2曲めの "Early Minor" も『Live in Tokyo』に収録されてるのみでスタジオ盤には収録されていない曲で、この頃のナンバーはライヴで演奏されたのみでアルバムに収録されずに終わった曲もけっこうあるのかもしれない。
 さて、最初に書いたとおり本作はウェザーリポートの最初期のライヴとして興味深い音源ではあるのだが、演奏のスタイルは既に『Live in Tokyo』にかなり近い。曲も "Firefish" 以外はすべてダブる。半年近くの差があっても『Live in Tokyo』もまた1st のツアーの時の演奏であり、同じツアーの途中で演奏がそう大きく変化するものでもないのかもしれない。それにスタジオ盤をみても1st と2nd アルバムは方向性からいってそう大きな違いもない。
 それならオフィシャルでさらに音が良い、さらにツアーの終盤に差し掛かっているため2nd の曲も演奏している『Live in Tokyo』を聴いていれば、とりあえず本作には手を出さなくてもいいかという気にもなる。
 対して『Live in Tokyo』に対する本作の売りとしては、まず初代ドラマーの Alphonse Mouzon の演奏が聴けるという点と、冒頭の14分弱におよぶ "Firefish" という点にあるだろう。
 しかし、ドラマーが代わったことが演奏にそう大きな変化を与えているとは感じられないし、基本的には『Live in Tokyo』の演奏の別バージョンと見ても問題ない気がする。
 まずは『Live in Tokyo』を聴いて、このような演奏がもっと聴きたいと思ったら聴くべきアルバムだろう。
[PR]
by Fee-fi-fo-fum | 2009-05-03 01:54 | Weather Report