『ウェイン・ショーターの部屋』(http://www.bekkoame.ne.jp/~echika/wayne/wsindex.html)の別館です。


by Fee-fi-fo-fum

ミシェル・マーサー『フットプリンツ 評伝ウェイン・ショーター』


■ミシェル・マーサー『フットプリンツ 評伝ウェイン・ショーター』  (潮出版社)


 ウェイン・ショーターの評伝としては最初の本なのだが、なんだか全面的に賞賛はしたくない気分にさせられる本だ。
 ぼくの場合(というか、ほとんどの人にとってもそうだと思うが)ウェイン・ショーターに対する興味は彼が生み出した音楽という点にあって、彼がどんな人生を送ってこようが、どんな宗教を信じてようが、どんな人と親しかろうが、基本的にはどうでもいい。彼の音楽を理解する上で必要な程度書かれていればそれでいい。一方、彼の生み出した音楽に関してはできるだけ多くのことが知りたい。
 しかし、この本の作者の興味は、ぼくとはかなり違うところにあるようだ。どんな有名人と親しいか詳しく書いてあるし、とくに宗教関係のことはやたら詳しく書いてある。それでいて、ショーターの生み出してきたアルバムの数々については、ごく簡単にしか触れられてないものが多い。
 音楽活動についても、例えばサンタナとのツアーなど、べつに一章をさいて書くほどのものでもないだろうと思うところが詳しく書いてあって、もっと詳しく書いてほしい部分が書かれていない。
 もちろん評伝なんだから人生のアウトラインを書いていくものなんだろうが、もっとショーターの音楽の本質に切り込んでいく視点はあってほしいし、彼自身の音楽と直接関係のないことは抑えて書いていくくらいのバランス感覚がほしいと思う。
 作者の音楽に対する意見にもあまりうなずけない点が目立つ。
 とはいえ、否定する気にもなれない。
 とくに最初のあたりを読めば筆者のショーターに対するインタビューは困難を極めるものであったのは容易にわかるし、ショーターに過去のアルバムに対する解説を求めてもきちんと答えてなんてくれないだろうということもよくわかる。不充分とは思っても、よくここまで聞き出してくれたと感謝すべきなのかもしれない。
 それに、なんだかんだいっても、この本を読んで初めてわかったことも多い。例えばプラグド・ニッケルのライヴなど、どうしてあのような演奏になったのかは、この本を読んで初めてわかった。
 それと、改めて気づかされたのはショーターのクラシックに対する傾倒の深さだ。
 実はぼく自身、以前はほとんど聴かなかったクラシックを、最近になって聴きはじめているのだが、そういった耳で聴くと『Atlantis』以後のアルバムはむしろクラシックの流れで聴くべきアルバムではないかという気もしてきている。このへんの紹介文は書き直す必要がありそうだ。

 それにしても、長時間インタビューができたのなら、作者が理解できなくてもいいから、ショーターが言った言葉をそのまま書いくことをもっとしてほしかった。作者には理解できなくても、読者には理解できるショーターの言葉もあるはずだ。
[PR]
by Fee-fi-fo-fum | 2009-06-20 06:39 | Wayne Shorter