『ウェイン・ショーターの部屋』(http://www.bekkoame.ne.jp/~echika/wayne/wsindex.html)の別館です。


by Fee-fi-fo-fum

カテゴリ:Weather Report( 2 )

Weather Report "Austria 1971"


■Weather Report "Austria 1971"    (MEGADISC)

01、Firefish
02、Early Minor
03、Morning Lake
04、Waterfall
05、Umbrellas
06、(Improv.) 〜 Eurydice
07、Seventh Arrow
08、Orange Lady

     Wayne Shorter (ts,ss) Joe Zawinul (key)
     Miroslav Vitous (b) Alphonse Mouzon (ds)
     Dom Um Romao (per)        1971.7.27


 これはブートCDRで、音質はオフィシャルの『Live in Tokyo』と比べてしまえば落ちるものの、71年の発掘モノという点を考慮すればかなりの高音質というべき部類だ。収録時間は77分ほど。
 1st の録音の5ヶ月後、『Live in Tokyo』の約半年前のヨーロッパ・ツアーからのライヴで、ウェザーリポートの最初期のライヴとして興味深い音源だ。メンバーは Airto Moreiro は1st のスタジオ録音のみの参加なんで、パーカッションは Dom Um Romao が加入している。なお、このヨーロッパ・ツアーの後にドラムは Eric Gravatt に代わる。
 収録曲はよくわからないものがある。1曲めの "Firefish" というタイトルはウェザーリポートの他のアルバムには収録されていないのでわからないが、ジャケットに書いてあったタイトルをそのまま書いておく。このCDR、ジャケットに書かれた収録曲がわりと正しいものが多いので、そういうタイトルの曲なのかもしれない。ただし6曲めにジャケットには書いてない14分を超えるトラックが入っている。これはまずキーボードによる自由な即興演奏が数分続き、じょじょに他のメンバーも加わってきて、全員による演奏が高まってきたあたりで "Eurydice" へとメドレーしていく演奏。
 その他、2曲めの "Early Minor" も『Live in Tokyo』に収録されてるのみでスタジオ盤には収録されていない曲で、この頃のナンバーはライヴで演奏されたのみでアルバムに収録されずに終わった曲もけっこうあるのかもしれない。
 さて、最初に書いたとおり本作はウェザーリポートの最初期のライヴとして興味深い音源ではあるのだが、演奏のスタイルは既に『Live in Tokyo』にかなり近い。曲も "Firefish" 以外はすべてダブる。半年近くの差があっても『Live in Tokyo』もまた1st のツアーの時の演奏であり、同じツアーの途中で演奏がそう大きく変化するものでもないのかもしれない。それにスタジオ盤をみても1st と2nd アルバムは方向性からいってそう大きな違いもない。
 それならオフィシャルでさらに音が良い、さらにツアーの終盤に差し掛かっているため2nd の曲も演奏している『Live in Tokyo』を聴いていれば、とりあえず本作には手を出さなくてもいいかという気にもなる。
 対して『Live in Tokyo』に対する本作の売りとしては、まず初代ドラマーの Alphonse Mouzon の演奏が聴けるという点と、冒頭の14分弱におよぶ "Firefish" という点にあるだろう。
 しかし、ドラマーが代わったことが演奏にそう大きな変化を与えているとは感じられないし、基本的には『Live in Tokyo』の演奏の別バージョンと見ても問題ない気がする。
 まずは『Live in Tokyo』を聴いて、このような演奏がもっと聴きたいと思ったら聴くべきアルバムだろう。
[PR]
by Fee-fi-fo-fum | 2009-05-03 01:54 | Weather Report
■Weather Report "The Quiet Knight"   (SLANG)

01、Radio Intro
02、Vertical Invader
03、Seventh Arrow 〜 125th Street Congress
04、In a Silent Way 〜 It's About That Time
05、Unknown Soldier
06、It's About That Time
07、Boogie Woogie Waltz

    Wayne Shorter (ts,ss) Joe Zawinul (key)
    Miroslav Vitous (b) Eric Gravatt (ds)
    Dom Um Romao (per)       1973.5


 貴重な1973年のライヴを収録したブート盤だ。収録時間は全体で58分半ほどだが、音質は良くはない。特にリズム隊の低音部が遠いのが寂しくなるが、ショーターの音は大きく入っているし、個人的には我慢ができるレベルか。でも、なにより73年のライヴという点が重要だ。この時期は『Live in Tokyo』と『Live and Unreleased』の最初期の部分のちょうど間にあたり、オフィシャル盤ではライヴ演奏が聴けない時期だが、何よりヴィトウスがウェザーリポートを辞める直前であり、ウェザーリポートにとってはバンドが最も大きく変わろうとしていた時期である。
 ウェザーリポートというバンドは毎年何かが違う、変化に富んだ多彩なアルバムをリリースしつづけたバンドだったが、大きく分ければヴィトウス在籍時とベースがアルフォンゾ・ジョンソンに代わって以後の二つに分けることができる。それはスタジオ盤よりライヴ盤での演奏を聴けば一目瞭然で、『Live and Unreleased』に収録された75年から83年までのライヴ演奏を並べて聴いても、同じバンドの演奏に聴こえる。また、『Live in Tokyo』と『Austria 1971』に収録された71年から72年のライヴ演奏を聴いても、同一のバンドの演奏に聴こえる。しかし、この両者はかなり違うバンドの演奏に聴こえる。ウェザーリポートというバンドの大きな変化はベースがヴィトウスからアルフォンゾ・ジョンソンに代わったあたりでおきている。そしてその過渡期がこの73年から74年あたりだろう。
 さて、貴重な録音だが、しかし音源はあやしげな所がある。"It's About That Time" が2バージョン入っていて、まさか一夜のライヴに二回は演奏しないだろうから、複数のライブ音源が入ってるのかもしれない。
 聴いていこう。演奏は 『Live in Tokyo』と同じ "Vertical Invader" から始まり、"Seventh Arrow" へとメドレーしていく。このへんはこの時期のウェザーリポートのオープニングの定番だったのかも。
 続いてジャケットには "125th Street Congress" と記された曲になるのだが、リズムがファンキーでなく普通のウォーキング・ベースなので、別の曲みたいに聴こえる。これは73年の5月のライヴだとジャケットに記されているのだが、となると『Sweetnighter』(73年2月録音)の後のライヴのはずだが、この曲のリズムをステージで再現できなかったのだろうか? そうだとするとその辺がヴィトウスがバンドを辞めるに至る理由だったのかもしれない。あるいはジャケットに記された73年の5月の録音というのが間違いで、これが "125th Street Congress" の初期形なんだろうか? いずれにしろこのバージョンは少しタルい印象で、後半盛り上がるのでわるい演奏とまで言う気はないが、この曲はスタジオ盤のファンキーなリズムのほうがいい。
 つづくは "In a Silent Way" から "It's About That Time" と続くメドレーで、これはマイルスの『In a Silent Way』のB面と同じ流れだ。まるでザヴィヌルが『In a Silent Way』は俺のアルバムだと言ってるような構成だ。じっさい10分以上続く "It's About That Time" のほうは『In a Silent Way』を超える名演といっていいだろう。特にショーターが登場してからの緊張感がすさまじく、リズムまで躍動しだすという、 "It's About That Time" らしくないような演奏になっている。音質のわるさが悔やまれる。
 続くは14分近くも演奏する "Unknown Soldier" で、この曲はこの後の時期のライヴのレパートリーからは消えてゆくので、これも貴重なライヴ音源だ。この曲はいろんな要素を盛り込んだサウンド・スケープ的な作品だが、スタジオ盤での演奏は完成度が高く仕上げられているために、すんなりと聴けてしまうところがあった。このライヴ・バージョンだと、それぞれの要素がよりぶつかりあって、実験的なかんじの演奏になっていて、ひょっとするとこの演奏のほうが曲の意図がわかりやすいかもしれない。
 そして、よくわからない二回目の "It's About That Time" だが、こちらのほうが演奏時間も短く、散漫な印象で、一回目のほうがだんぜんいい。
 ラストは "Boogie Woogie Waltz" で、こちらのほうは "125th Street Congress" と違ってスタジオ盤に近いリズムのライヴ演奏になっている。となると "125th Street Congress" だってヴィトウスのベースで再現できないとはおもえなく、やはりあれは意識的にやったのか、あるいは違う曲なのかと考えたくなる。
 全体を通しての印象でいえば、やはりここに来ても基本的には『Live in Tokyo』と同じスタイルの演奏だと思う。とはいえ、ラストの "Boogie Woogie Waltz" などでは違うバンドとして生まれ変わろうとしているバンドの姿も感じられなくもない。
 さて、なぜヴィトウスはやめたのかを考えてみよう。一般的に言われていることは当時のファンキー路線との方向性の乖離ということだが、 "Boogie Woogie Waltz" を聴いた限りでは『Sweetnighter』の収録曲はライヴで再現できている気はする。
 現在の個人的な印象でいえば、これから目指す方向性と違うのでヴィトウスが辞めたというより、ヴィトウスが辞めてアルフォンゾ・ジョンソンが加入した後で新しい方向性が見えてきたような気がしているんだが、どうだろう。
[PR]
by Fee-fi-fo-fum | 2009-05-03 01:53 | Weather Report