『ウェイン・ショーターの部屋』(http://www.bekkoame.ne.jp/~echika/wayne/wsindex.html)の別館です。


by Fee-fi-fo-fum

<   2009年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Wayne Shorter "Frankfurt 1988"

Wayne Shorter "Frankfurt 1988"       (MEGAVISION)

01、Joy Rider
02、The Three Marias
03、Anthem
04、Over Shadow Hill Way
05、Endangered Species

    Wayne Shorter (ts,ss) Renee Rosnes, Bernard Wright (key)
    Keith Jones (b) Terri Lyne Carrington (ds)    1988.10.3

 これはブートDVDRで収録時間は68分ほど。モトはおそらくTV番組らしく、画質・音質ともにこのままオフィシャル化しても何の問題もないほどのクオリティだ。
 もっとも個人的にはやはり音だけをMDに録音して愛聴している。ショーターのようにイメージが広がる音楽の場合は、映像を見ないで音だけ聴いたほうが自由なイメージが広がって良い気がする。
 さて、先行して出ていた『Austria 1988』と同一のメンバーで約半年後のライヴとなるのだが、おもしろいもので印象がかなり違う。
 というのは、『Austria 1988』ではキース・ジョーンズのベースのファンキーな味がけっこう前面に出ていた印象があるのだが、この演奏ではそこはぐっと抑えられてリズムは滑らかになり、かわりにツイン・キーボードによるファンタジックな広がりのあるシンセ・サウンドが印象的に演奏を包んでいる。『Austria 1988』よりむしろ96年の『Live Express』あたりのサウンドと共通点が感じられるもので、こちらのほうがよりショーターらしいといえるかもしれない。とくに "The Three Marias" のような曲はこちらのバージョンのほうが曲のイメージに合っている気がする。
 選曲は3曲が『Joy Rider』、残る2曲が『Atlantis』収録の曲となっている。『Austria 1988』では『Joy Rider』収録曲が一曲だけだったので、このDVDでたっぷりと聴けるのはうれしい。『Joy Rider』が何月にリリースされたのかわからないのだが、ひょっとすると『Austria 1988』(3月21日録音)はリリース前のライヴで、こちらが『Joy Rider』リリース後のツアーからの映像なのかもしれない。

 ところで、この時期のライヴを聴くことで『Joy Rider』というアルバムの性格がわかってきた気がする。
 『Atlantis』と『Phantom Navigater』というのは、多分スタジオの発想で作られたアルバムだ。一枚のディスクとなる作品として、スタジオで精密に組み立てられ、完成されている。しかしそれをライヴで演奏するとなると、この音楽をどのようにライヴ・バンドで再現するか改めて考えなけらばならない作品だ。ショーターとしても『Atlantis』を作ったのはまだウェザーリポート存続中、『Phantom Navigater』は解散直後で、まだレギュラー・バンドを組んで活動はしていなかった時期であり、だからこそそういった音楽になったのではないか。
 対してレギュラー・バンドでの活動を続けるなかで作られた『Joy Rider』は前二作と比べ、はじめからライヴでの演奏することを前提として作られている面が大きいように思える。曲の作りやアレンジがライヴで演奏しやすく、映えるように作られていて、実際 "Over Shadow Hill Way" など、後々までライヴのレパートリーとして残ってくる曲を含んでいる。
 しかしアルバムとしての『Joy Rider』前二作と比べてもう一つ独自の世界を築ききれてないように感じるのも、それが理由のような気がする。つまり、ライヴでの演奏を前提としたスタジオ録音というのは、結局ライヴの青写真にすぎないものになってしまうのではないか。
 そもそもジャズという即興演奏の真剣勝負を魅力の源泉とした音楽は、スタジオで計算して音楽を組み立てるより、ライヴ等でのやり直しのきかない一発勝負でこそ真の魅力を発揮するものだ。『Atlantis』や『Phantom Navigater』はライヴでの再現など考えずに好きなように作ったために、かえってライヴ演奏とは違った魅力を持つ音楽に仕上がったと思う。しかし、ライヴを前提としながらスタジオで作られた『Joy Rider』は、同時期のライヴと比べてしまった場合、やはり魅力に乏しい面が大きいのは否定できないように感じられるのだ。
 少なくともこのDVDで聴ける3曲については、『Joy Rider』で聴けるスタジオ録音より、このライヴ・バージョンのほうがずっといい気がする。
 ショーターもそのことに気づいて、2001年以後のショーター・カルテット(レギュラー・バンド)のアルバムはスタジオ録音ではなく、ライヴ録音のなかから良いものを選んでアルバム化する方法をとるようになったと考えるのは想像のしすぎだろうか。
 いずれにしろ、この88年のバンドは素晴らしい。
[PR]
by Fee-fi-fo-fum | 2009-03-13 00:27 | Wayne Shorter

Wayne Shorter "Italy 1986"

Wayne Shorter "Italy 1986"      (MEGAVISION)

01、The Last Silk Hat
02、Who Goes There!
03、Beauty and the Beast
04、Face on the Barroom Floor

    Wayne Shorter (ts,ss) Mitchell Forman (key)
    Gary Willis (b) Tom Brechtlein (ds)    1986

 これはブートDVDRで収録時間は48分ほど。残念ながら音質も画質もイマイチだが、録音のバランスはなかなかいいので、贅沢を言わなければ充分に楽しめる。
 さて、この演奏は「Umbria Jazz」というジャズ祭のものらしく、ステージの後ろにもそう書いてある。1986年としかクレジットされていないが、メンバーが『Zurich 1985』と一人しか変わらない(キーボードが Tom Canning から Mitchell Forman に変わったのみ)ので、『N.Y.C. 1986』より前の時期のものだろう。
 その Forman は前任者よりもソロが良い気がする。一曲目からかなりの熱演でグループを盛り上げている。一方、バックにまわったときのサウンド作りという点では、前任の Canning のほうが良い気がするのだが、もしかすると『Zurich 1985』のほうが音質がいいのでそう聴こえているだけかもしれない。
 曲目では『Zurich 1985』では曲名がアナウンスされるのみで入っていなかった "Who Goes There!" が目を引く。これと冒頭の "The Last Silk Hat" が『Atlantis』収録の曲だが、前にも書いたがこのバンド、『Atlantis』を編曲性も含めてステージ上で再現するには4人編成では手が足りない気がする。ここはむしろ『Atlantis』は忘れて、ショーターによるエレクトリック・ジャズの演奏と割り切って聴くべきだろう。そう思って聴けば、文句なしに良いバンド・良い演奏だ。
 しかし、この時期のライヴをまず一枚聴きたいというのであれば、まずは音質も良くて収録時間も長い『Zurich 1985』のほうを先に手にとるべきだろう。
[PR]
by Fee-fi-fo-fum | 2009-03-13 00:27 | Wayne Shorter

Wayne Shorter "One By One"

Wayne Shorter "One By One"      (MEGADISC)

01、Footprints
02、Fee-fi-fo-fum
03、One By One
04、Nefertiti 〜 ?

    Wayne Shorter (ts,ss) Kirk Lightsey (p)
    Rufus Reid (b) Steve Ragby (ds)    1982.10.8

 これは貴重な、ウェザーリポート在籍時のショーターのアコースティック・バンドでのライヴを収録したブートCDR。音質は良好で、収録時間は68分ほどだ。
 実はたいした期待もしないで聴いたのだが、これがものすごく良い。新発見だった。
 期待していなかった理由は、この時期のアコースティック・バンドならVSOPの延長みたいなものじゃないかとおもっていたからなのだが、聴いてみると全然違う。
 ではどういう演奏かというと、一言でいえばリラックスしきったような演奏で、個人的には1970年代の Pablo などのレーベルのアルバムの雰囲気を連想した。この時代の Pablo では、ズート・シムズとかミルト・ジャクソンなどのベテラン・ジャズマンたちが、もう新趣向とかいったものは何も考えず、気心が知れた仲間と好きな曲を好きなように演奏したアルバムがたくさんあって、その普段着の感触が心地良かったが、ここでのショーターもそんな雰囲気で演っている。つまりは張りつめたような緊張感も新らしい試みも何もなくて、ただただ楽しげに演奏している雰囲気だ。こういったタイプの演奏を聴けるアルバムはショーターの場合めずらしい。
 まあ、姿勢として前向きとはいいかねる演奏なので、そこを批判しようとおもえばできるのだが、たまにはこういう演奏があってもいいんじゃないかと思う。
 特に天性のインプロヴァイザー・タイプのジャズマンは、こういった肩の力が抜けきって無責任な態度の演奏で真価を発揮する面もある。ショーターも天性のインプロヴァイザーなんでその例に洩れず、ここでのショーターの演奏はまさに自由自在で、後から後からイマジネーションが温泉のように噴き出してくるようだ。
 68分という収録時間でたった5曲ということでもわかるとおり、演奏はどれも長尺であり、それもノリにノッてアドリブしているうちに演奏時間がどんどん伸びていていく感じ。"Footprints" と "Fee-fi-fo-fum" に至っては20分前後におよぶ演奏である。
 とりわけ聴きどころなのは "Fee-fi-fo-fum" だ。それはこの曲のライヴ・バージョンがめずらしいというのもあるが、この演奏ではドラムがちょっとメッセンジャーズ時代のモーニンをおもわせるようなビートを叩き出していて実に調子がいい。この曲にこういったアプローチのしかたがあったのかと思わせてくれる。
 なお、"Nefertiti" が15分過ぎで終わった後、別の曲が始まるのだが、この曲名がわからない。別にメドレーではなく、完全に別の曲が始まるのだが、トラックを分けるのを忘れたらしく、4トラックめに続けて入っている。
 最後に、このバンドのことだが、よくわからない。多分ウェザーリポートの活動とは別にアコースティック・ジャズがやりたくなって臨時に組んだようなバンドだと思うのだが。
[PR]
by Fee-fi-fo-fum | 2009-03-12 01:06 | Wayne Shorter

Wayne Shorter "Lugano 1987"

 だいぶサボッてたんで、入手していたCDの紹介から始めます。

---------------------------------------------------------------

     Wayne Shorter "Lugano 1987" (MEGADISC)


disc-1
01、Flagships 〜 Plaza Real
02、Three Marias
03、Footprints 〜 ?

disc-2
04、Yamanja
05、Condition Red
06、?
07、Remote Control

    Wayne Shorter (ts,ss) Jim Beard (key)
    Carl James (b) Terri Lyne Carrington (ds)
    Marilyn Mazur (per)          1987.7.2

 これは凄い! これを聴かずしてショーターは語れないようなライヴだ。
 ウェザーリポート解散後のショーター・バンドの第一歩といえる時期のライヴであり、音質もオフィシャル並み。ブートCDRだが、このままオフィシャルでリリースしてもらいたい内容だ。収録時間は80分ちょっと。
 この時期のショーター・バンドのライヴとしては先に『Zurich 1985』や『N.Y.C. 1986』が出回っていたが、それらを聴いていて、正直ぼくも、さすがのショーターも88年のバンドを組むまではバンド作りに苦労してたんだろうなと、ファンにあるまじき見下し視線で見ていた。しかし、このライヴを聴いておもわず平謝りにあやまりたくなった。
 つまり『Zurich 1985』はあくまでウェザーリポート存続中のソロ・ツアー・バンドでのライヴ、『N.Y.C. 1986』は本格的レギュラー・バンドでツアーを始める前の臨時編成バンドでの試運転ライヴといった性格のものである。どちらも「これからこのバンドでやっていくぞ」というグループによる演奏ではない。ウェザーリポートを解散して、ショーターがレギュラーとして活動していく意気込みで編成したのはこのバンドが最初である。そして、このショーター・バンドの完成度たるや、最初から驚くべきものだったことが、このアルバムを聴いてわかった。
 さて、これは『Phantom Navigater』のツアーからのもので、演奏曲の半分は『Phantom Navigater』の収録曲になる。先の『Zurich 1985』は質の高いエレクトリック・ジャズのライヴ演奏だとは思ったものの『Atlantis』の編曲性をステージ上で再現できているとは思えなかった。しかし、このバンドはかなり『Phantom Navigater』の世界をステージ上で再現できていると思う。あのアルバムはバッハ的な対位法を使用しているのと、打ち込みを使用したり、ショーターにしてはテクノっぽい音作りをしているのことに特徴があるのだが、ここで『Phantom Navigater』収録曲のライヴ・バージョンを聴くとそういった特徴が、むしろ増強されているように感じる。つまり、テクノっぽいと言いたくなるほど電子音が増強され、複数の旋律が対位的に動いていく音空間が生み出されている。それがこの前後のショーター・バンドのライヴとはちょっと違った雰囲気を生み出していて、そのせいか『Phantom Navigater』の収録曲は以後のショーターのライヴのレパートリーには残っていないようだ。それだけに貴重なライヴだ。
 バンドの編成はパーカッションを加えた5人というウェザーリポートと同じ楽器編成だ。打楽器隊が二人とも女性というのもおもしろい。このパーカッションの役割は、『Phantom Navigater』収録曲では不思議な音を出す楽器を叩いて幻想的な音空間を演出し、それ以外の曲ではウェザーリポートと同じく、ラテン的にリズムを増強して、ぐいぐいとサウンドを爆走させる役割を担っている。
 冒頭は『Phantom Navigater』収録の "Flagships" から "Plaza Real" へ続くメドレーだ。この最初の "Flagships" がまずこの時期のショーター・バンドの個性を示す演奏で、電子音の不思議な空間が広がっていくような色彩豊かな演奏だ。
 続く "Plaza Real" から「Disc-1」の最後まではウェザーリポート風の迫力ある演奏が続く。 "Plaza Real" は『N.Y.C. 1986』でのバージョンからぐっとテンポアップし、軽快な疾走感のある曲へと様変わりしているし、"Three Marias" も、この曲には似つかわしくないんじゃないかと思うほどスピーディーで迫力ある演奏だ。"Footprints" に至っては、別の曲かと思うほどの迫力のある暴走を見せ、メドレーでファンキーなリズムの曲に続いていくのだが、これが何という曲かわからない。
 そして「Disc-2」に移ると『Phantom Navigater』収録曲が中心になり、"Yamanja"、"Condition Red"、"Remote Control" と、この時期のライヴでしか聴けないテクノっぽい感触をもった演奏がたっぷり聴ける。
 その間に挟まった6曲めの曲が何かわからない。ジム・ベアードが終始リードして迫力ある演奏を繰り広げるナンバーなのだが、ひょっとするとベアードのオリジナルだろうか?
[PR]
by Fee-fi-fo-fum | 2009-03-11 01:16 | Wayne Shorter

ごあいさつ

『ウェイン・ショーターの部屋』(http://www.bekkoame.ne.jp/~echika/wayne/wsindex.html)の別館のつもりで作りました。
ぼくの性格からいって、あまり定期的に書き込むことはないとおもいますが、始めてみます。
[PR]
by Fee-fi-fo-fum | 2009-03-11 01:14